<プロフィール>

1982 年、東京生まれ。 高校時代よりイギリスに留学し、ロンドン大学芸術学部を卒業。 その後、ニューヨークで映画作りを学び、助監督を経て2010 年『カケラ』で監督・脚本デビュー。2011 年、初の長編小説『0.5 ミリ』(幻冬舎)を出版。2014年、同作を監督・脚本し、第39回報知映画賞作品賞、第69回毎日映画コンクール脚本賞、第18回上海国際映画祭最優秀監督賞などその他多数の賞を受賞し、国内外で高い評価を得る。

2014年『0.5ミリ』の撮影を機に高知へ移住。2018年 ウタモノガタリ CINEMA FIGHTERS project「アエイオウ」監督・脚本し、代表を務める高知県の映画館「ウィークエンドキネマM」での上映も大変話題を呼び、映画文化を通して日本の産業を底上げするプロジェクトも進行中。

高知県内の若者による文化・芸術の醸成と発信を目指す「表現集団・桃子塾」を主宰する。

また、子どもたちの輝く未来を共に描くチーム「わっしょい!」のリーダーも務め、農業・食・教育・芸術などを通して子供たちの感性を育む活動にも力を注いでいる。

<プロフィール>

1991年大阪府生まれ。日本映画学校(現:日本映画大学)で映画を学ぶ。 監督、脚本を務めた卒業制作「グッバイ・マーザー」(2013)がゆうばり国際映画祭2014に入選。2015年、短編映画「父の結婚」を監督。 また、2016年に集英社主催のすばる文学賞を25歳で受賞し小説家デビュー。2017年、小説「ブルーハーツを聴いた夜、君とキスしてさようなら」を発表。2018年、山戸結希が企画、プロデュースを務めたオムニバス映画「21世紀の女の子」の監督に選出され短編映画「セフレとセックスレス」(黒川芽以主演)を監督。2018年連続ドラマ「深夜のダメ恋図鑑」(ABC/テレビ朝日)、2019年連続ドラマ「カカフカカ」(MBS放送)で、メイン演出を務める。 2019年9月に初の商業長編映画「おいしい家族」が全国公開。 仕事と結婚生活が上手くいかない主人公が、母の三回忌に実家に帰ると、 父が亡き母の格好をし、見知らぬ男と「あたらしい家族になる」と宣言!? 主演に若手実力派女優の松本穂香、メインキャストに板尾創路、浜野謙太を迎え、 ユーモアと、人々のやさしさに心あたたまる、新しい家族映画に。 同名小説も執筆し、単行本として発売。新作映画「君が世界のはじまり」が全国公開中。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now